【任意整理】とは? 任意整理のメリット・デメリット

自身の借金を整理する方法の1つとして【任意整理】があります。この任意整理とは、その言葉通り””任意で借金を整理する””という方法。これを詳しく説明すると・・・

通常、借金の整理をする際は 裁判所などの公的な機関に通すことで処理し整理していくもの。ですが この任意整理であれば、これら裁判所や公的機関を通すことなく、債務者と債権者との間で任意交渉を行い、和解後は、和解内容に従って借金額の整理を可能としていくもののこと。債務整理の中でも一番多い依頼がこの【任意整理】です。

この任意整理の一番のメリットとして、まずは何といっても裁判所など公的な機関を通さず債務整理することが出来るという点。

通常、裁判所を通して債務整理することで、面倒な書類を多く作成する必要や時間が掛かるといったデメリットがありますが、任意整理ならこれらを一切行うことなく利用者と金融業者との話し合いでOK。

また、裁判所を通さず債務を整理するので、法律・政令などの制定・改正の情報や破産・相続などの裁判内容が記載された国が発行している新聞のようなもの「官報」に債務者の名前が載ることなく、家族を含んだ第三者に知られることなく自身の債務を整理することが可能です。

それ以外にも、任意整理を「弁護士」や「司法書士」に依頼し手続きを行うことで、手続きを行った時点で金融業者は利用者に債務の取立てが出来なくなります。日々の取立てで精神的ダメージを受けていた方だと特に支払い催促が一旦とまる事で、気持ちの面・精神面で安心でき、落ち着いた生活が出来るように。

また、任意整理は整理する債権者を選ぶこともOK。 お金を借りている人の中には、金融業者からだけでなく知人・友人、個人からの借り入れを受けている方も中にはいるとは思います。ですが、任意整理は自由度の高い手続き方法ということもあり、そういった個人の借り入れには手を加えず金融業者だけの借金を整理することもOK。

職業規制や資格制限はなく、主婦のように年収の少ない方でも安定した収入がある方なら受けることが出来、利息制限法の引き直し計算により将来の利息が免除され完済までを早く出来ます。

ただ、そんな任意整理にもデメリットなこともあり、任意整理後は金融会社が共有している「信用情報機関」に氏名が載ってしまうため、新規での借り入れはもちろんのこと、それ以外にもカードの利用、ローンなどが一時的に組めなくなります。(信用情報機関に氏名が載る期間は、各信用情報機関にもよりますが、長くて7年ほどは記載されているようですよ)

また、利用者と金融業者との話し合いによって交渉される任意整理は、必ずしも免除されるわけでないので、中には一切免除が認められないこともあるので注意してください。

債務整理とは何?どんなこと??

「債務整理」という言葉、一度は耳にしたことがあるのでは?言葉だけで言ってしまえば、おそらく大半の人が「あー聞いた事がある」と答えると思います。でも実際に その言葉の意味まで知っている人はどれくらいいるでしょうか?

債務整理とは簡単に言ってしまうと、自身の借金を減らし、今まで自身にのり掛かっていた重い金利から解放される手続きのこと。

借金っと聞くと、「自分が招いた種なんだから仕方ないじゃん!」と思う人もいるとは思いますが、借金を抱える人の理由はいろいろ。

もちろん、ギャンブル、異性との交際費、無計画な商品購入、無計画な借り入れなど、自身の浪費によって出来る借金から、もともとは返せる予定があったのに、急な病気や突然の失業のため返済不能に・・・知らないうちに保証人となり、他人のローンを払うはめに・・・亡くなった親族からの債務の相続・・・

など、自身に特別な理由がなくても ちょっとした歯車の狂いで出来る借金など様々。借金で悩んでいる人の原因は人それぞれなのです。

そんな借金を抱える方も、もちろん契約通り返済できるのが一番。一番良いこと。ですが、毎月の返済額が多くそのせいで日々の生活が困難になっている人や、借金の返済をどう頑張っても出来ない方など、そんな借金を抱え苦しんでいる方のために受けられる制度・救済制度が「債務整理」なのです。

この債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」といった主に3つの手続き方法があり、それ以外にも、既に払い終えた借金に対しての「過払い金返還請求」という手続きもあり、それぞれには様々なメリット・デメリットが。

債務整理は、自身のライフプランにあわせて手続き方法を選ぶ必要があり、どの方法で債務整理をするかは自由です。

また、債務整理についてはそれ相応の知識が必要となってくるもの。自身で方法を選び手続きをすることももちろん可能ですが、出来ることに対しての限界も多く、しっかりと正しく手続きするため、債務整理に踏み切る場合には「弁護士」もしくは「司法書士」の方に依頼し、行ってもらうことをおススメします。

債務整理=法的手段と聞くと、身構えする方、あまり良いイメージをもたれない方が多いとは思いますが、過度の心配は不要。債務整理はそんな心配とは逆に、整理すること・したことにより 借金に対しての直接的な請求が一切なくなり、新しい人生をスタートさせるきっかけにもなるもの。

今、借金の返済で毎日の生活が苦しく、精神的にも辛い思いをされている方。今の生活から脱して、明るい未来を手に入れるため勇気を出してみませんか?

参考HP→【債務整理ナビ】借金が返せない!債務整理に強い弁護士の選び方

クレジットカードの利用は計画的に。

フラッと寄ったお店に前から気になっていた商品が!! しかも、残り1つ!! 欲しい・購入したいけど・・・手持ちが今ない・・・でも、欲しい・・・ こんな体験をしたことは今までの人生 誰もが1度くらいはあるのでは?

こんな時、あなたならどうしますか? 手持ちがないから、我慢・我慢!と 我慢するタイプ? それとも、現金(手持ち)がなくてもクレジットカードはある!! 買っちゃえ!買っちゃえ!!  もしくは、欲しいから!待てないから!! お金を借りて即購入!! と、我慢はせず購入するタイプ? 同じ状況下におかれた場合でもタイプはそれぞれ。 

(ん---私の場合・・・ 我慢したい所だけど、欲しければ買ってしまう クレジットカード利用タイプかな・・・)

クレジットカードはカードを『ピッ』と通すだけで何でも買えてしまう魔法のカード。 もちろん請求は後から来るものの、一時的に手持ちのお金が減らないことから 何故か得をしたような気がしてしまうんですよね。私がクレジットカードを利用する理由の1つもこれ。

私と同じような感覚で利用している人は意外にも多いようで、こういう私みたいなタイプはちょっとキケンタイプのようなんです ( ̄Д ̄;;

その理由として、「無計画購入による自爆」が考えられるから。 無計画購入、読んで字のごとく 後先を何も考えずに自身の「欲しい」という欲のごとく購入すること。そして、自爆。 これは、無計画であったからゆえ起こること。 収入より支出(請求)の方が増えてしまい、支払うことが出来なくなることです。

クレジットカードは通常、1か月分の利用料をまとめて翌月に請求、支払いするもの。 たとえ1回の買い物の商品代金が高額でなくても、『ちりも積もれば山となる』ということわざがあるように、1度の買い物が1000円、2000円程度の商品を10回、20回とカードで購入すれば 翌月の請求は10000円、20000円・・・40000円と想像していなかった請求額に。

また、一度に高額の商品を購入した場合の支払い方法にも注意。 たとえば、20万円の鞄を一括購入した場合、その他のカード利用が当月なければ翌月に来る請求は20万円。

もちろん、高額な商品を購入するとあって、さすがに支払いを一括払いにする人の場合、無計画で購入したという人はいないと思います。 20万円という金額が手元になくても口座にはあり、支払いが可能であることから一括払いで購入しているのでしょう。

ですが、これを「リボ払い」で支払い設定をした場合、高額な買い物をしているのにそれを忘れさせられるトリックで大きな落とし穴にはまってしまうことも。

リボ払いとは、購入金額に関わらず毎月一定額を支払っていく分割支払いのこと。 月々の支払額が一定金額であることから 毎月の家計管理がしやすく月々の負担も少なく済むことが大きな利点。

ですがそんなリボ払いで、1つの商品に対しての支払いが完了していないにも関わらず違う商品を購入した場合、 普通ならカード会社に対する支払い金額(借金)が増えることから、自身の毎月の負担額も大きく増えるもの。ですが、リボ払いなら返済金額は、ほぼ一定。大きな金額変化はありません。

そんな返済金額がほぼ一定なリボ払いを繰り返し利用していくと・・・金銭感覚を麻痺させてしまうことや、どの商品に対しての支払いが完済していて、今支払っているのがどの商品なのか、また支払いがいつまで続くのか。 など全てがうやむやになり分からなくなってしまうことなども。

またそれ以外にも、リボ払いには手数料設定があり、1つの商品を完済するためには購入額以上の金額を最終的には支払わなければいけないといったこともあり リボ払いを利用する際は購入前の支払い計画を立てることがとても大事になってきます。

さらにクレジットカードは様々な会社で作ることができ複数枚持つことも可能。複数枚を同時利用して行けば、利用限度額は増え より多くの買い物をすることが可能とはなりますが、それと一緒にカード会社への手数料も増え自身の負担額は増える一方。

と、このようにクレジットカードには様々なリスクが隠されています。 ですが、賢く利用すればクレジットカードも利用額に対し各カード会社が定めるポイントが付加され、貯めたポイントによっていろいろな特典を受けることも可能。また、本当にピンチな時などには強い味方となってくれることもあるのがクレジットカード。

そんな自身のプラスにもマイナスにもなるクレジットカード。クレジットカードの利用は、計画的に。

お金の歴史 ~お金の始まりそして今~

あなたにとって生きていく上で必要なものといえば何ですか?? たぶん、多くの方が一番最初に必要だと思うのが「お金」ではないでしょうか。「お金」がなければ、食事はもちろん自分の欲しい物など全ての物を手に入れることは出来ず、生きていく上で楽しむことが出来なくなるもの。

そんな、生きていく上で必要不可欠な「お金」 あなたは「お金」についてどれだけの事を知っていますか?ここでは、まず最初にちょっとした「お金」の豆知識! お金の歴史についてみていきましょう。

お金のはじまりはとても古く、貨幣が利用される前の時代は皆さんもご存知「物々交換」という方法で自分が欲しいものを手に入れていました。「物々交換」については知っていますよね? 自分が欲しい物と他人が欲しい物、物と物を交換することでお互いに必要なものを手に入れる方法。

ですが、この物々交換の方法には少し、問題もあったようで・・・ その問題とは、通常 物々交換は、自分のほしい物と他人がほしい物、どちらもそれぞれの希望に合うものがあれば問題なく交換が可能となりますが、どちらか一方が希望する品がなかった場合、交渉は難航、もしくは交渉決別と、上手く話がまとまらないこともしばしば。

そんな物々交換では上手く話がまとまらないことが続いた中、新たに考えられたのが「誰もが欲しがり」「収集・分配もしやすく」また「持ち運び・保存ができるもの」を元に『穀物、布、砂金』など 当時、誰もが求めている品を交換の手段として利用する方法。 これが「物品貨幣」といわれるもののはじまりです。

その後 和銅元(708年)には、中国から遣唐使によって伝わってきた「開元通宝」という貨幣をモデルとし、日本では「和同開珎」というが貨幣が誕生。そしてその後、約250年もの間には12種類の貨幣が作られ、これを発行したのが朝廷であったことから「皇朝十二銭」と呼ばれています。

一方、紙幣の始まりは貨幣の始まりよりも遅く、江戸時代の中期。1600年ごろ、伊勢商人の間で「山田羽書(やまだはがき)」が流通したことが最初だと言われており、明治時代に入った 慶応4年(1868年) 全国通用の政府紙幣「太政官札(だじょうかんさつ)」が発行されました。

そんな形は変われど昔からある 歴史の長い 貨幣=お金。現代のお金 といえば、誰もがご存知、紙幣では「福沢諭吉の1万円札」「樋口一葉の5千円札」「野口秀雄の千円札」、そしてあまり見ることがなくなりましたが「守礼門の2千円札」

硬貨は、「桐が書かれた500円玉」「桜花が書かれた100円玉」「平等院鳳凰堂が書かれた10円玉」「稲・水・歯車が書かれた5円玉」「若木が書かれた1円玉」。

そして忘れてはいけないのが、最近使える場所も多くなってきた電子マネー。電子マネーとは、まだ馴染みの薄い方もいるかもしれませんが、紙幣や硬貨といった現金の代わりになるお金のこと。

使用する前に、電子マネーが利用できるカード又はスマホにお金をチェージ(入金)しておくことで、チェージした分(金額)だけの利用が可能。 面倒な小銭を出さなくても、カードで『ピッ』と支払うことが出来るという利便性があり、今 急速に利用者が増えています。

そんな電子マネーはチェージすることで、はじめて使えるようになるもの。チャージしていない場合は、いくら電子マネー対応のカードなどを持っていても 中身が空っぽの財布を持っているのと一緒。利用することはできません。

一方、現金が手元になくても支払い可能(買い物が出来る)方法として、クレジットカードもあります。

ただこのクレジットカードは厳密に言うとお金ではありませんが、電子マネーと同じくカードを『ピッ』と通し、暗証番号又はサインだけで支払い完了! 電子マネーのような事前にチャージするという手間もかからず、手持ちの現金がなくても商品が購入でき 世界中どこででも使える まるで魔法を使っているかのような魅力的なカードなんです。そんな魅力的なカードだからということもあり、利用者数は年々増加傾向に!

というようにお金は、物から貨幣へ 貨幣から電子マネーに! と、その時代・その時代に合った姿かたちに変化しつつも、自身がほしい物を手に入れるための手段・方法としての役割は変わっていないもの。 これからのお金は、どんな形へ変わっていくのか少し楽しみですね。