「おまとめローン」についてのメリット・デメリット

月の初めに1社へ返済。中頃にもう1社、月末にはさらにもう1社。とこのように複数社からの借り入れがある方なら一度は思うのでは? 全てを一つにまとめて窓口一つで返済していくことは出来ないのかと・・・ 

月に何度も返済日が来るということは、それだけでバタバタ落ち着く暇もありませんし、何と言っても 返済日の管理が大変! そして、無計画に複数業者への返済していると 手元(お財布)のお金が足りなくなり・・・その結果 また結局、借り入れ。と、毎月の返済に苦しみ 返して・借りてを続けている方も少なくは無いのでは?

そんな複数者からの借り入れを1本化できるサービス、それが「おまとめローン」です。

「おまとめローン」とは、銀行や銀行系の消費者金融で行うことが出来るサービス。複数社ある自身の借金を一つの業者に絞り、借り換えることで 返済窓口を一つにまとめること。多重債務に苦しむ方にはとても魅力のあるサービスの一つ。

そんな「おまとめローン」についてのメリットの1つに、借金をひとつにまとめることで ””今よりも安い金利で借り入れ(返済)できる”” ということがあります。 これは、債務の金利は、利息制限法により借入額によって金利割合が変わり、一般的に借入額が多ければ多いほど金利は安くなります。 よって、複数社から小額の借り入れをするよりも、一社でまとめて高額の借り入れをするほうが金利が安く・楽に返済していくことができるもの。

また、先ほども言いましたが、返済窓口が1つにまとまることで、返済計画や自身の家計計画が立てやすくなるといったメリットも。借金返済日が月に何日もあると、それだけで落ち着いた生活が難しくなりますし、それ以外にも返済日のうっかり忘れを防止することにもつながり、安心して毎日を過ごすせるようになれますね。

と、メリットがいっぱいの「おまとめローン」ですが、利用者の中には「おまとめローン」にしたことで発生するデメリットもあるので注意が必要です。

そんな「おまとめローン」でのデメリットとして一番多いのは、返済総額が最終的に増えてしまった・・・というケース。 これは、複数社から1社にまとめることで毎月の返済額を抑えることが出来るという点・メリットの反対、デメリット。 

確かに、毎月の返済額が少なくなるということは=毎月の使えるお金増える・多くなるということ。手元に多くのお金が残ることで、今まで以上の借金を増やす心配は少なく、より生活が楽になると一見思ってしまいますが、それこそが「おまとめローン」の落とし穴。

そもそも複数社からあった借り入れを一つにまとめたとしても、借入額は減額になることはなく、ただ複数社あった借金をまとめただけということ。 それなのに、毎月の返済額のみを減らしてしまえば、当然 返済期間は延び、期間が延びるということは その延びた日数に対しても金利が付く。 そして その結果、気づくと返済総額は増える・増えていた。といったデメリットが発生してしまうもの。

また、毎月の返済額が少なくなったことで、「借金が減った!! 少なくなった!!」という錯覚を起こしてしまう人も中にはいるようで、せっかくおまとめローンに切り替えたのに、再び複数社からの借り入れ・多重債務に陥るといった方も中にはいるようです。

そんな おまとめローンには申し込み時に審査があります。 審査は通常のキャッシング申し込み時 同様の審査があり、借り入れ件数が多すぎる方、遅延・延滞がある方などは審査に通りにくく、特に銀行系のおまとめローンは金利が低い分細かくチェックされるようなのでより難しくなるようです。

と、このように「おまとめローン」は、メリットもデメリットも共に多く持つサービス。 ですが、自身の生活を再建するきっかけになることは間違いなし。ただ、利用する前には必ず、自分に合ったサービスであるのかを確認し、メリットもデメリットも理解したうえでの利用をしてください。

過払い金請求は専門家に依頼する?自分で行う?

毎月の返済でいっぱいいっぱい・・・借金で首が回らない・・・という方の中には債務整理の手続きをしようかと考えている方もいると思います。 ですが、債務整理の手続きをする前に確認してもらいたいのが””過払い金の請求は出来ないか”” ということ。
 

過払い金については以前、他のページで書いたので、詳しくは省略させていただきますが、簡単に言ってしまうと、金利が高く設定されていたとき(2010年6月以前)に払いすぎていた金利、お金のこと。 過払い金請求を行えば戻ってくるお金のことです。

この過払い請求は、完済後の方から現在 返済中の方 どなたでも請求できる手続きで、返済中の方の中には過払い請求をしたことで、計算の結果 今の返済額(借金)より過払い金の方が多いことが判明! 過払い請求することによって完済できたという話もあり得ること。

そんな過払い請求の手続き方法は簡単の3ステップ。

ステップ1 消費者金融やカード会社など、借り入れていた(借り入れている)業者から、自身の取引履歴を取り寄せ! 

ステップ2 取引履歴から過払い金が発生していないか?利息が高すぎないか?などを確認。正しい利息で再度計算し直す!

ステップ3 取引していた(している)業者と交渉。そして過払い金を返還してもらう!!

と、手続きはとても簡単。 一見、素人の自分でも行えそうな気がしますね。 もし過払い請求を弁護士や・司法書士に依頼して行うのであれば費用が高そう。それなら自分で行ったほうが!! と自分で取り組む方もいますが、自分で過払い請求をするにはいくつかのデメリットがありますよ。

それは、過払い請求には 時間や手間が大きく掛かるということ。 

過払い請求の手続きは簡単3ステップと紹介しましたが、あれはザックリ書き出したもの。言葉で言うととても簡単なことですが、本当は手間がかかり大変なことです。 もし、複数者からの借り入れがあった方(ある方)なら、1社1社それぞれに一連の事をしなくてはいけなく、多大な時間と労力が必要になると思われます。

また、それ以外にも 低額の和解金を提示されてしまうことも。

これは、自分で過払い請求を行った場合、交渉する相手(金融企業)は法律のプロである担当者を付けて来ます。企業側も、少しでも過払い金額を抑えたいため、相手が法律の素人であると分かると、低額での和解金を提示してきたり、中には支払いを行ってくれないケースもあるそう。 また、現在 借金返済中の方の場合 残高の一括支払いを求められることなど、その後の自身の生活に大きな影響を与えることがあるかもしれません。

また、もし家族に内緒にしている借金の過払い請求をした場合、手続きに必要な書類は全て自宅に郵送されてくることから、家族に知られてしまう危険もあり落ち着くことが出来ない毎日を送らなくてはいけません。

このようなことからも、過払い請求は 自分で行うことも出来る手続きの一つではあるものの、安心・確実に処理してもらうためにも、弁護士や司法書士を頼って依頼してみるほうが良いと思われます。

過払い請求金って何?お金が返ってくるって本当?

よく、法律事務所のテレビCMや広告などに出てくる””過払い請求金”” この過払い請求金について理解していますか? 過払いだから、払いすぎたお金の事だろうなぁ。ということは何となく分かりますが、では何故 過払い金が発生するの? 過払い金は誰にでも発生するものなの?など、詳しく知らないといろいろな疑問が出てきますね。 そんな疑問を解決するべく 過払い請求金についてまとめてみましょう。

過払い請求金は別名””グレーゾーン金利””とも呼ばれることがあるもので、消費者金融やクレジットカード会社、その他貸金業者などが「利息制限法」の上限を越えて請求し続けた利息の事をいいます。 ん?? 「グレーゾーン金利?」 「利息制限法??」 と新たな名前が出てきましたが、まずは「利息制限法」についての説明から。

利息制限法とは債務者を保護するための出来た法律。 経済的弱者=債務者が高額な金利によってより困難な状況に陥らないよう法律で守るため定められたものですが、この法律・・・利息制限法で定められた上限金利は違反したとしても罰則が科せられることはなく、実際はあまり守られていない法律でした。 そして、そんな利息制限法の制定後に出来たのが「出資法」

出資法とは、街の金融機関など利殖機関を取り締まる事を目的として定められた法律のこと。 簡単に言ってしまうと、利息制限法が債務者を守り、出資法はお金を貸す側・債権者を監視、抑制するための法律です。 これら2つの法律は、共に””金利の割合に上限を設けた法律”” いわば、目的は違えど金利の上限を決めた法律のことになります。

ですが、そんなよく似た2つの法律には決定的な大きな違いが有り、その違いは・・・利息制限法は債務者の借り入れ金額によって上限金利が異なるのに対し、もう一方の出資法は 債務者の借り入れ金額に関係なく一定の金利。 そう!金利の上限が大きく違います。

利息制限法の場合、借り入れ金額が10万円未満なら金利は20%、10万円以上100万円未満なら18%、借り入れが100万円以上の場合15%なのに対し、出資法は 債務者の借り入れ金額に関係なく一定の29.2%が上限金利。 そして、この2つの金利上限が異なることから生まれたのが「グレーゾーン金利」

「グレーゾーン金利」は、利息制限法で定める上限金利は越えるものの、出資法で定める上限金利には満たない金利のこと。 20%~29.2%で設定された金利の事を言いい、そして この金利で計算された債務が””過払い金”” 払いすぎたお金のことなんです。

過払い金=グレーゾーン金利が生まれた背景には、先ほども言いました 利息制限は法律に違反したとしても罰せられることがないという事が大きく関係。 越えても法律違反にならないのであれば、より多くの金利で設定したほうが債権者側のプラス分は大きくなる!それなら違反ギリギリの上限金利で設定しよう!!と ほとんどの金融企業では出資法を元とした上限金利を設定していました。

ですが、それも2010年、出資法の改正により、今まで上限金利29.2%で設定されていた金利が上限20%に。また、こちらは今まで通り、出資法の上限金利を越える金利設定を行った金融業者には刑事罰が科され、違反原因にもよりますが5年から10年の懲役若しくは、3000万円以下の罰金が科されることに。

よって、今 新しく借り入れるお金に対してグレーゾーン金利=過払い金は発生しませんが、2010年以前に借り入れを行っていた方は、ほぼ全員の方が過払い金請求を行える対象、そして過払い金請求を行えば払いすぎてしまったお金は確実に返ってきます。

ただ、この過払い請求には返還期限が設けられているので、注意が必要。 返還期限は、完済後10年です。 もし、昔は消費者金融やクレジットカードでの借金があった。でも今はもう既に払い終えているといった方がいましたら、1日でも早く請求をかけないと 返ってくるお金も返ってこなくなりますよ! 私のことかも・・・と思った方、一度確認してみてくださいね。