債務整理は自分でも行える?それとも専門家に頼むべき?

自身の払えなくなった借金を整理・調整するために行われる『債務整理』 債務整理は、””払えなくなった”” “”支払いに困った””という方などが行う手続きだという事もあり、出来ることならこれ以上の出費は避け、少しでも安く完了させたいと思う方も多いのでは。また、時間についても出費 同様、債務整理にかかる時間は極力最低限に! 少しでも、1日でも早く自身の債務を減らし、今この苦しい毎日から抜け出したいと考えるのではないでしょうか。

そんな債務整理。 多くの人の場合、債務整理は弁護士or司法書士に依頼して行われます。弁護士・司法書士に依頼することでの良いところは、債務者である自分に代わって弁護士or司法書士が債権者(お金を貸している企業)との話し合いや手続きなど全て行ってくれるところろ。 自分が動くことなく債務整理をすることができるところです。 また、時間に関しても弁護士・司法書士は法律のプロ。両者どちらに依頼しても、今までの経験・実績からすばやく対応してもらえることは間違いありません。

ですが問題なのが、費用、お金です。 債務整理を第三者である弁護士や司法書士に依頼するということは、それに対しての依頼料・報酬料が発生するということ。

債務整理は、行う手続きの種類によって必要となる費用は大きく違いますが比較的安く出来、また相談件数・利用者数の多い任意整理であっても、最初の着手金は30000円から50000円。その後、手続き完了後の報酬料は、過払い金によって支払いを免除された額の約1割を設定しているところが多く、任意整理でかかる費用は 最低でも数万円から数十万円は必要となってきます。

それ以外にも債務整理の手続きの1つである、自己破産の場合 こちらは着手金だけで約20万円前後、個人再生に至っては着手金だけで約30万円前後の費用が発生する所が多く、もちろん、自己破産・個人再生にも着手金以外に報酬料などの加算もあります。これらをみても 債務整理手続きにかかる費用はかなり高額なる物だということは理解いただけると思います。

ただでえ支払いに苦しくなり行う債務整理。それを 弁護士・司法書士に依頼するとなれば、さらなる出費が増えることからも、「それなら自分で全てを行ってしまえばいいのでは??」 自分ですべて行えば弁護士や司法書士に支払う依頼料・報酬料も浮かせ、債務も整理でき これが一番良い方法なのでは??と考えた方・考える方もいると思います。

ですが、一見 良い方法に思える””自分ですべてをこなす方法””は 実際には様々な逆効果・逆の結果を招きかねない危険が隠れていることを知っていいますか?

その理由は、債務整理を行う際、債権者(金融企業)側は専属の弁護士をたててくるということ。債務整理を自分で処理しようとした場合、誰でもある程度の知識は得た上で話し合いの場に挑むと思います。ですが所詮は素人。プロである債権者側の弁護士に勝てるわけがありません。

また、なんとか話し合いを上手く進めたとしても債権者側の中には、債務整理をする=支払いが困難な方と判断し、素人である自身で債務整理の手続きを行った際には気づかないうちに残りの債務(借金)を一括支払いに変更されてしまうということもあるようです。こんな変更をされてしまうと、債務整理後がもっと厳しい状態になってしまいますね。

これらのことを考えると、費用はかかるもののやっぱり債務整理を行うには弁護士・司法書士の力を借りることが一番安心でき確実に対応できることなのかも。 弁護士・司法書士に支払う費用は無駄な費用ではないのかもしれませんね(個人的な感想ですが) 

また、多くの法律事務所では、債務整理で掛かった費用の支払いを分割払いで受け付けてくれます。 今ある債務の事だけでなくこれからの、将来のことを一緒に計画してくれる弁護士・司法書士、債務整理はこの両者どちらかの力を借りることが一番かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>