クレジットカードの利用は計画的に。

フラッと寄ったお店に前から気になっていた商品が!! しかも、残り1つ!! 欲しい・購入したいけど・・・手持ちが今ない・・・でも、欲しい・・・ こんな体験をしたことは今までの人生 誰もが1度くらいはあるのでは?

こんな時、あなたならどうしますか? 手持ちがないから、我慢・我慢!と 我慢するタイプ? それとも、現金(手持ち)がなくてもクレジットカードはある!! 買っちゃえ!買っちゃえ!!  もしくは、欲しいから!待てないから!! お金を借りて即購入!! と、我慢はせず購入するタイプ? 同じ状況下におかれた場合でもタイプはそれぞれ。 

(ん---私の場合・・・ 我慢したい所だけど、欲しければ買ってしまう クレジットカード利用タイプかな・・・)

クレジットカードはカードを『ピッ』と通すだけで何でも買えてしまう魔法のカード。 もちろん請求は後から来るものの、一時的に手持ちのお金が減らないことから 何故か得をしたような気がしてしまうんですよね。私がクレジットカードを利用する理由の1つもこれ。

私と同じような感覚で利用している人は意外にも多いようで、こういう私みたいなタイプはちょっとキケンタイプのようなんです ( ̄Д ̄;;

その理由として、「無計画購入による自爆」が考えられるから。 無計画購入、読んで字のごとく 後先を何も考えずに自身の「欲しい」という欲のごとく購入すること。そして、自爆。 これは、無計画であったからゆえ起こること。 収入より支出(請求)の方が増えてしまい、支払うことが出来なくなることです。

クレジットカードは通常、1か月分の利用料をまとめて翌月に請求、支払いするもの。 たとえ1回の買い物の商品代金が高額でなくても、『ちりも積もれば山となる』ということわざがあるように、1度の買い物が1000円、2000円程度の商品を10回、20回とカードで購入すれば 翌月の請求は10000円、20000円・・・40000円と想像していなかった請求額に。

また、一度に高額の商品を購入した場合の支払い方法にも注意。 たとえば、20万円の鞄を一括購入した場合、その他のカード利用が当月なければ翌月に来る請求は20万円。

もちろん、高額な商品を購入するとあって、さすがに支払いを一括払いにする人の場合、無計画で購入したという人はいないと思います。 20万円という金額が手元になくても口座にはあり、支払いが可能であることから一括払いで購入しているのでしょう。

ですが、これを「リボ払い」で支払い設定をした場合、高額な買い物をしているのにそれを忘れさせられるトリックで大きな落とし穴にはまってしまうことも。

リボ払いとは、購入金額に関わらず毎月一定額を支払っていく分割支払いのこと。 月々の支払額が一定金額であることから 毎月の家計管理がしやすく月々の負担も少なく済むことが大きな利点。

ですがそんなリボ払いで、1つの商品に対しての支払いが完了していないにも関わらず違う商品を購入した場合、 普通ならカード会社に対する支払い金額(借金)が増えることから、自身の毎月の負担額も大きく増えるもの。ですが、リボ払いなら返済金額は、ほぼ一定。大きな金額変化はありません。

そんな返済金額がほぼ一定なリボ払いを繰り返し利用していくと・・・金銭感覚を麻痺させてしまうことや、どの商品に対しての支払いが完済していて、今支払っているのがどの商品なのか、また支払いがいつまで続くのか。 など全てがうやむやになり分からなくなってしまうことなども。

またそれ以外にも、リボ払いには手数料設定があり、1つの商品を完済するためには購入額以上の金額を最終的には支払わなければいけないといったこともあり リボ払いを利用する際は購入前の支払い計画を立てることがとても大事になってきます。

さらにクレジットカードは様々な会社で作ることができ複数枚持つことも可能。複数枚を同時利用して行けば、利用限度額は増え より多くの買い物をすることが可能とはなりますが、それと一緒にカード会社への手数料も増え自身の負担額は増える一方。

と、このようにクレジットカードには様々なリスクが隠されています。 ですが、賢く利用すればクレジットカードも利用額に対し各カード会社が定めるポイントが付加され、貯めたポイントによっていろいろな特典を受けることも可能。また、本当にピンチな時などには強い味方となってくれることもあるのがクレジットカード。

そんな自身のプラスにもマイナスにもなるクレジットカード。クレジットカードの利用は、計画的に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>