キャッシングの恐ろしさ キャッシングには気を付けよう

キャッシング・・・したことはありますか?

キャッシングとは、支払わなければいけないのに手元にも口座にもお金がない!! といった時など、お金が無くて困ったとき、一時的に現金を貸してくれるサービスのこと。クレジットカードやキャッシングカードなどで利用でき、各消費者金融の窓口やATM、又は引き出し専用のCD(キャッシュディスペンサー)からお金を引き出すことです。

キャッシングによって引き出せる金額は、それぞれの契約前の審査によって異なりますがキャッシング額の上限は少なくても数十万円以上の金額設定となっているところがほとんど。 また、ATMやCDなどでの引き出し方も自分の口座から引き出す手順とほぼ変わらず出来るため、誰にも気づかれず手軽にキャッシング出来てしまうことから、キャッシングの利用者は 年齢や性別を問わず増えているのが現状です。

キャッシング何だが便利そうですね。ここで一つ質問です! 「どうしても今欲しい物がある!! だから1万円が必要・・・だけど手元にも口座にもお金がない」このような場合、あなたならどうしますか? 

おそらく、今までにキャッシングを利用したことがない方なら、””お金が無いのだから仕方がない・・・給料日を待って購入しよう””と、自分の欲しいと思う気持ち(欲)を押し殺し、あきらめよう、我慢しようと考えるのでは。 このような考えの方は、自身をしっかりコントロール出来ている人。今は、まだ自分の欲に打ち勝つ強い意志を持っているかただと思います。

でも、そんな方もキャッシングの美味しい話を聞くと心が揺らぐ方もいるのでは? 

キャッシングの審査は最短で30分から1時間程度で完了。 言い換えれば、欲しい商品も30分から1時間だけ待てば購入可能に!わざわざ 次の給料日まで待たなくても即日、欲しい商品を購入できるんです! 

そして、もっとビックリなのが、多くの金融業者では””無利息期間があること”” これは、初回利用者に限ったサービスのようですが、通常 お金を借りれば利息が発生するもの。ですが無利息期間とは、初めての利用者に限りある一定期間であれば無利息で借り入れを行うといったサービス。 簡単に言ってしまえば、無利息期間にしっかりと返済出来れば余分な利息も掛からず、キャッシングといっても自身の口座からお金を引き出したのとほぼ同じ。最初のお金の出所が違うだけで商品購入が出来るということ。

そうなんです。キャッシングはとっても便利で簡単にお金を借り入れできるんです。今、キャッシングを利用している人の多くも最初は不安な気持ちがあったもののキャッシングの便利さに今ではどっぷりつかってしまい、困ったら借りる!が当たり前となっている人が多いよう。

ん!!?? 借りることが当たり前?? そうなんです、これがキャッシングの恐ろしいところ。

何度も言いますが、キャッシングは便利・そして簡単。 自身がお金に困ったとき、どうしもても欲しい・・・という時などには強い味方となってくれるお金の救世主ともいえるサービス。小額だから! 返せる予定があるから一度だけ!! と、借り入れ・キャッシングデビューした方が あまりの便利さにそのまま継続利用、そしていつしかキャッシングする金額も少しずつ増えていく・・・これがキャッシングの甘い罠。一度の利用で、そんな甘い罠に捕まって逃げれなくなってしまう方は意外にも多いようです。

またキャッシングを一度・二度、借りては返してを繰り返していくうちに、今までキャッシングを利用した事が無いころは出来ていた我慢もいつしか忘れ、欲しい物は今欲しい!! 「我慢<欲」となり、自分をコントロールすることが難しくなってくる人も増えていきます。(そうですよね。誰だって我慢せず、自分のやりたいこと欲しいことが簡単に叶う。手に入るのなら我慢しない方を選びますよね)ですが、それがキャッシングのキケンなところ。2つめの甘い罠なのです。

キャッシングっと聞くとその末路は、借りたお金が返せず日々の生活が困難に。又は債務整理が必要なほど自身が追い込まれた状態に。といった””お金””に関しての問題・キケンが発生することっと簡単に考えてしまいますが、実際は 自身のコントロール・欲を抑えることが出来なくなってしまうといった精神・感情をうまくコントロールできなくなってしまう危険もあり、それもふまえて注意しなくてはいけないこと。

キャッシングは、自身の欲に飲み込まれず正しく利用できれば、とても便利に利用できること。ですが、使い方を誤るととてつもない後悔が襲ってくるかもしれません。 もしもの時、利用する事がある際は、自身を強く持ち欲に飲まれないように気をつけて利用してくださいね。キャッシングは便利なサービス、でも あくまでも、他人(金融業者)から借金をするということ。これだけは忘れないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>