【任意整理】とは? 任意整理のメリット・デメリット

自身の借金を整理する方法の1つとして【任意整理】があります。この任意整理とは、その言葉通り””任意で借金を整理する””という方法。これを詳しく説明すると・・・

通常、借金の整理をする際は 裁判所などの公的な機関に通すことで処理し整理していくもの。ですが この任意整理であれば、これら裁判所や公的機関を通すことなく、債務者と債権者との間で任意交渉を行い、和解後は、和解内容に従って借金額の整理を可能としていくもののこと。債務整理の中でも一番多い依頼がこの【任意整理】です。

この任意整理の一番のメリットとして、まずは何といっても裁判所など公的な機関を通さず債務整理することが出来るという点。

通常、裁判所を通して債務整理することで、面倒な書類を多く作成する必要や時間が掛かるといったデメリットがありますが、任意整理ならこれらを一切行うことなく利用者と金融業者との話し合いでOK。

また、裁判所を通さず債務を整理するので、法律・政令などの制定・改正の情報や破産・相続などの裁判内容が記載された国が発行している新聞のようなもの「官報」に債務者の名前が載ることなく、家族を含んだ第三者に知られることなく自身の債務を整理することが可能です。

それ以外にも、任意整理を「弁護士」や「司法書士」に依頼し手続きを行うことで、手続きを行った時点で金融業者は利用者に債務の取立てが出来なくなります。日々の取立てで精神的ダメージを受けていた方だと特に支払い催促が一旦とまる事で、気持ちの面・精神面で安心でき、落ち着いた生活が出来るように。

また、任意整理は整理する債権者を選ぶこともOK。 お金を借りている人の中には、金融業者からだけでなく知人・友人、個人からの借り入れを受けている方も中にはいるとは思います。ですが、任意整理は自由度の高い手続き方法ということもあり、そういった個人の借り入れには手を加えず金融業者だけの借金を整理することもOK。

職業規制や資格制限はなく、主婦のように年収の少ない方でも安定した収入がある方なら受けることが出来、利息制限法の引き直し計算により将来の利息が免除され完済までを早く出来ます。

ただ、そんな任意整理にもデメリットなこともあり、任意整理後は金融会社が共有している「信用情報機関」に氏名が載ってしまうため、新規での借り入れはもちろんのこと、それ以外にもカードの利用、ローンなどが一時的に組めなくなります。(信用情報機関に氏名が載る期間は、各信用情報機関にもよりますが、長くて7年ほどは記載されているようですよ)

また、利用者と金融業者との話し合いによって交渉される任意整理は、必ずしも免除されるわけでないので、中には一切免除が認められないこともあるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>