債務整理はどこに依頼すべき? 弁護士と司法書士の違いは?

「借金の返済に困ったら、一人で悩まないでまずは相談」 これは借金問題を最短で解決するためには一番の方法。

でも自身の借金問題・・・内容がないようなだけに他人に打ち明けるのには それ相当の勇気がいることですよね。それに、相談するって誰に? 誰に相談したらいいの??と、相談相手が分からないまま 結局一人で悩みを抱え込んでいるという方はいませんか?

そんな借金返済を一人で悩み頑張って返済している方、まずは一度「弁護士」or「司法書士」に相談してみてはいかがでしょうか?

「弁護士」「司法書士」と聞くと、硬いイメージが強く 一度相談をするとそれに対する報酬が高くつくといったように思われる方も多いかと。ですが、「弁護士」「司法書士」の方に借金の相談をすることで、報酬料以上の解決策が見出せ、結果 借金の返済が軽くなったという方が多くいるというのも事実です。

それなら! 「弁護士」「司法書士」に依頼して一緒にこれからの事を考えてもらおう!! っと思ったときに誰もが思うことが・・・自分は「弁護士」と「司法書士」どちらに相談するのがベストなの?ではないでしょうか。

普段の生活の中ではあまり接する機会のない「弁護士」と「司法書士」だからこそ、どちらがどのような仕事をし自分の依頼に答えてくれるのが分からないですよね。ここでは、そんな「弁護士」と「司法書士」の違いをの違いからご説明。

「弁護士」と「司法書士」の違いは、簡単に言ってしまうと、司法書士・・・会社や不動産などの登記を行うことが主な仕事。司法関係、裁判所に出す文書も作成。 弁護士・・・民事・刑事どちらの法律相談も可 いわば弁護士は法律のエキスパート

と、弁護士と司法書士の仕事内容などは違い、「弁護士は法律のエキスパート」といわれるほど、全てのことにおいて処理することが可能な職業。

一方、司法書士も借金問題の相談や代理を行うことが出来るものの、これが出来るのは 法務大臣の認定を受けることが出来た「認定司法書士」のみ。認定を受けていない司法書士では、法律相談やその代理をすることはできません。

また、債務整理の中でも借金返済が完了後の「過払い金の返還手続き」を行う際には「司法書士」ではなく『弁護士』を選択することがおススメ。その理由として、司法書士では一部””制限””があり対応しきれないことがるから。

認定司法書士であれば、弁護士同様の相談・代理が認められているものの、対応できる案件は 簡易裁判所で処理できる範囲までのもの””総債権額が140万円以下のもの””と決められており、借金返済後の過払い請求を求める場合、今までの借金の総額で計算され取り扱われるため 総債権額が140万円を超える可能性があります。

総債権額が140万円を超える場合、いくら認定司法書士であったとしても相談を受けることができず、もし、これを無視して相談をつづけた場合””弁護士法72条””を違反したものとして懲役刑を含む刑事罰に問われる可能性も出てきます。

と、このように「弁護士」と「司法書士」とでは大きく違い、安心して依頼できるの相手は「弁護士」なのかもしれません。

とはいっても、債務整理で依頼した際にかかる費用(報酬金)は、弁護士より司法書士に依頼したほうが安く済むという傾向があり、自身の過払い金が140万円を越えないと分かっている方の場合、また 少しでも費用を安く抑えたいという方は司法書士に依頼することが良いのかもしれませんね。

最後に、弁護士と司法書士の違いがわかっても「やっぱり自分はどこで誰に相談したらよいのか・・・」と迷われるような方がみえるのなら無料相談を利用してみては。現在、弁護士、司法書士ともに初回は無料で相談できるところが多いよう。このような無料システムを上手く利用し、一度相談にいかれるも良いでしょう。

どちらにしても、まずは 自分で一歩踏み出さないことには事は進みません。
一人で悩んでいる前に、相談しに行ってみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>